今では、指導の必需品となったアイテム

これまで考えられなかった映像が撮れる空撮。

指導したいところを撮影する事ができ、自然に選手に伝えられる。


何も根拠のない状態で、アドバイスするのは難しい。


映像があると選手は、取り組んでいたつもりだったり、努力しているつもりが自分で確認する事で変化への努力ができる。

指導と選手の平行線のままお互いに理解しているだろうと思い込みトレーニングを続けてパフォーマンスの変化は難しいと感じる。


自分のパフォーマンスと意識との誤差修正をどれどけできるのか。


16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示